ズッキーニの胚軸切断挿木

ズッキーニが発芽して本葉が出て来ましたが、少々徒長してしまいましたので胚軸切断挿木をする事にしました。

徒長したズッキーニ

徒長して茎が曲がって来ました。

地際から切り取り水に1時間程付けて水揚げをします。

黄色のズッキーニ、オーラム

普通種のズッキーニ

育苗用の衣装ケースに入れて活着を待ちます。

胚軸切断挿木を行うと一時的に生育が遅れますが、根が出ると通常の苗より病害虫に強く、生育も旺盛になるそうです。

ズッキーニはうどん粉病になりやすいので、胚軸切断挿木によりうどん粉病に強くなってくれると嬉しいですね。

コメントを残す