キュウリの胚軸切断挿木

キュウリも発芽後株が徒長してしまいました。

四葉キュウリのシャキット

此方は普通のキュウリですが4粒撒いて3株発芽しました。1株は徒長し残りの2株は発芽の時に上手くカラが抜けず双葉が未熟な株になったので、此方は蒔き直しです。

徒長した株を胚軸切断挿木にする為、一時間ほど水揚げです。

胚軸切断挿木の適期はナス科、アブラナ科などは本葉が1、5枚から3枚の時期、ウリ科は0、5枚の時だそうですが少し早かったかもしれません。

今度は発芽が悪かったキュウリの種蒔きです。

今回も4粒撒いて見ました。

今年はたずらし栽培で長く収穫できる様にと考えています。

コメントを残す