柿にジベレリン処理

我が家の柿は渋柿の蜂屋柿ですが、毎年実は沢山出来ますが、収穫出来るまで残るのは3〜4個しか有りません。

先日、柑橘類のジベレリン処理の為にジベレリン協和液剤の適応表を見ていたら柿の落下防止に使える事が分かりました。

満開10日後にジベレリンの50〜200ppm液を幼果及びへたに散布回数は1回と書いてありました。我が家の柿に散布して見ることにしました。柿は満開から一週間以上経っていると思います。

幼果も出来ているようです。50ppmのジベレリン協和液剤を幼果及びヘタに散布してみました。

結果は11月になりますが今から楽しみです。

コメントを残す