タラの芽

山菜でお馴染みのタラの芽がちょうど食べ頃となりました。

タラの芽

畑の隅に大きな楓の木がありますがその根元に1本のタラの木が自然と生えてきたようです。

最近は2mほどに成長し、枝も沢山出てきてタラの芽を食べるのが毎年楽しみになってきています。先日、フキノトウを天ぷらにして食べましたが、ほろ苦さが春を感じさせてくれました。これから暖かくなりワラビやゼンマイなど山菜が沢山出てきます。畑も野菜が芽吹いてきており、山も畑もおおにぎわいです。

タラの芽

野山のあちこちから、春の息吹が聞こえてきます。タラの芽は天ぷらにして早速、いただ来ました。

コメントを残す