六条大麦の出穂

六条大麦も出穂してきました。

大麦

背丈は40cmと短いですが麦の先端から穂のヒゲの部分が出てきており、穂も見えてきています。

全体の様子です。

ライ麦

南部小麦はまだ、出穂していません。

南部小麦

こちらは日陰なので生育が遅いのかも知れません。

穂が出てから毎日の平均気温を足していった合計が750℃を超える時収穫の目安です。穂が出てからおおよそ40~42日くらいです。青い穂だった大麦が、穂軸や茎葉すべてが完全に黄金色に変わっていること。乾燥して大麦の粒の水分量が25~30%以下になっていること。粒を爪で押した時、弾力がなく、硬くなっていること。上記のようなことが外観からの収穫の目安となります。楽しみですね!

コメントを残す