奇跡はおこるんだ!

いい具合に枝が伸び花も咲いて実も付いたのですが、植え替え時期が遅かったのかはたまた、5月に記録的な少雨が影響したのか、7月には全ての実が落下してしまいました。

そんなこんなで柿の木は来年に期待しようと言うくらいで下草の草刈りもおろそかになり、正直何もしておりませんでした。ところが、春に接ぎ木をして失敗だとおもっていた枝から新芽が伸びておりました。

柿の接ぎ木

 

2月4日に接ぎ木をしてから6ヶ月、接ぎ木は全て失敗だと思っていただけに感激です。後ろに映っている接ぎ穂を含め4か所中1ヶ所成功です。しかしこの時期まで接ぎ穂が枯れなかったのが不思議です。これで、何とか甘ガキが食べれそうです。

それにしても接ぎ木の成功率は2割5分ほど、まあ初心者にしては上々でしょうか。

コメントを残す