ハクサイの冬支度

今朝は昨日降った雪もとけ、晴れた朝になりましたが、今朝の最低気温が-3.1℃と冷え込みました。しかも、風が強く体感温度は-5℃ぐらいに感じました。
この寒さと北風で寒さに強いハクサイやチンゲンサイなどの野菜も葉が凍結して、やがて枯れてしまう場合があります。
雪が多い地方では畑に積もった雪が自然の冷蔵庫の役目をするのでそのまま保存できますが、私の地元ではそれほど雪は多く有りません。それどころか、風が良 く吹きます。俗に言うところの「蔵王のふきおろし」というやつです。これが夏の時期だと「やませ」という冷たい風となり作物に冷害をもたらします。
その対策として、ハクサイを包み込んで紐で縛ってやり、寒さから守ってやります。

01

外側の葉で来るんでやることで、中が寒さで凍ることもなく風で葉がバラバラになるのを防げます。

02

枯れた外葉や雑草を取り畝も白菜もすっきりしました。これで、春先まで収穫することが出来ます。

コメントを残す