ブルーベリーの高接ぎと挿し木をしました

ブルーベリーの剪定をしました。

昨年養生して収穫量を減らしたおかげで、今年は花芽が充実しています。特に地植えにした株の花芽が充実しているようです。

太い新梢が出て株が充実してきたので、古い主枝を更新することにしました。更新剪定したティフブルーに昨年秋に購入したビックダロー、ブルークロップ、チャンドラーを接木してみました。

ティフブルーに高接ぎ

剪定したティフブルーとホームベルの枝を挿し木しました。

ベルトティフブルーの挿し木

枝は5mm前後の太さのものをホームベル11本、ティフブルーは12本挿し木しました。ブルーベリーの挿し木をする時は、何時もピートモスのみを使用しています。ピートモスと鹿沼土の混合土より、このほうが発根率がいいように感じます。

鉢植えも地植えもホームベルとティフブルーの発育が旺盛です。これらを台木にするがやはり理にかなっているようです。

コメントを残す