ナシ炭疽病が出てしまいました

豊水と新高の葉が黒ずんできたなと思っていたら、次の日には葉が全て落葉していました。

ナシ炭そ病

しかし、幸水はなんともありません。

nashi_2014-07-06-1

調べてみると、豊水と新高が落葉し、幸水はなんとも無いのは、どうやらナシ炭疽病のようです。豊水と新高はナシ炭疽病菌にかかり易く、あきづきや新興、幸水はナシ炭疽病菌にかかりにくい品種のようです。

この夏の2回の台風襲来と、このところの秋雨前線による長雨で十分な薬剤散布が出来なかったことが、ナシ炭そ病になってしまった原因のようです。

とりあえずナシ炭疽病になった葉を全て取り去り畑から撤収、病班は枝にも出ているので病気になった枝も切り取り畑から撤収しました。

雨がやんだら薬剤散布ですが、このところの雨は天気予報によれば、週明けまで続きそうです。薬剤散布ができるかどうか心配です。

ナシ炭疽病が出てしまいました」への5件のフィードバック

  1. 匿名

    私も鉢植えで果実栽培を楽しんでおります。
    ラフランスの葉が黒ずみ、原因を調査しておりましたら、本記事と同じ症状なので、
    「炭疽病」と断定しました。「オーソサイド」があるので試してみます。
    私のラフランスは、下記の状態で症状が急拡大しています。
    https://blogs.yahoo.co.jp/hachiue_kajyu/folder/531598.html

  2. kitijyouji-kajyu

    こんばんは

    オーソサイドがちょうどあるので明日あたりさっそく散布してみます。
    今年も少し出ているのでしっかりと叩いておきます。
    教えて頂いた他の薬剤が近隣のホームセンターには見当たらない物ばかりなので、状況によっては通販で購入するしかありませんね。
    ありがとうございました。

  3. furipami 投稿作成者

    kitijyoujipkajyuさん
    こんばんは
    今年は入梅してから週末に雨にたたられて薬剤散布がうまくいきませんでした。
    ナシ炭そ病は近年千葉県や佐賀県など各地で大きな被害が出ているようです。

    治療薬剤としてはアミスター10やストロビードライフロアブルが効果があるようですが、最近耐性菌がでてきたので代替薬剤としてのオーソサイド水和剤を私は散布しています。チオノックフロアブル、オキシラン水和剤は平成19~22年に新たに農薬登録された耐性菌の発生しにくい殺菌剤だそうで私もこれらを考えています。

    前年発病した樹は枝や花芽に炭そ病菌が越冬するようで、翌年は発病が早まる傾向があるそうです。
    冬場に被害にあった枝は剪定し、予防薬剤としてデランフロアブル、チオノックフロアブルなどを定期的に散布するとナシ炭そ病をかなり抑えることができるそうです。

    私も来年は炭そ病の根絶をめざして行きます。

  4. kitijyouji-kajyu

    こんばんは
    朝晩涼しくなりましたね。
    これで糖度が上がってくれると良いんですが。
    梨、やられてしまいましたね。我が家の梨も昨年夏にこれにやられて丸坊主となり、今年1年を体力づくりでつぶしています。
    ナシ炭疽病には何の薬剤を御使用でしょうか?
    菌が残ってまた発病する前に叩こうと思います。

  5. kitijyouji-kajyu

    こんばんは
    病気、一気に広がってしまったようですね。
    この時期の落葉は痛いです。
    昨年うちの梨も同様の症状で夏に葉を落として今年は花芽がほとんど付きませんでした。
    あきづきと秋麗で、罹りにくいそうですがやられてしまい今年はあきらめです。
    早期の回復を祈っています。

コメントを残す