イチゴの苗つくりを始めました

5年ほど苗を取り続けていた紅ほっぺも、長く苗を取り続けていると収量が減ったり果実が小さくなったり病気がでたりします。

我が家の紅ほっぺも昨年病気が蔓延し苗取りをあきらめました。

今年、新に苗を購入してイチゴ栽培を開始します。

再開するに当って今回は、路地栽培に強い苗として定評のある宝交早生をネットで予約しました。もう一つは炭疽病、うどんこ病、萎黄病および疫病に対して抵抗性が有り、やや晩生ですが露地栽培に適しているカレンベリーです。

それとホームセンターで購入した「とちおとめ」と「さちのか」です。どちらも果実が大きいのが売りのイチゴです。

tochiotome_2015-09-19とちおとめ

sachinoka_2015-09-19さちのか

tochiotome_2015-09-19-02

茎は5mmほどでしょうか、まだまだ細くて弱弱しいですね。

tochiotome_2015-09-19-03

しかし、副葉が出ていました。

tochiotome_2015-09-19-04

10月の定植まで一回り大きな鉢に植えて茎を太らせます。鉢から抜いてみると根もしっかり回っているようです。

tochiotome_2015-09-19-05

葉を3枚で管理していき、植え付け時に茎を出来るだけ太くしたいですね。

 

 

イチゴの苗つくりを始めました」への2件のフィードバック

  1. furipami 投稿作成者

    タカさん
    こんにちは
    イチゴ栽培を再開するに当たり、露地栽培に適した病害虫に強い品種を考えて昔ながらの宝交早生と果実が大きなカレンベリーを主体に栽培する事にしました。
    ホームセンターに行くと沢山の種類のイチゴが有り、目移りしてしまいます。衝動買しそうで困ります。
    そうですね、来年の収穫まで長丁場ですがお互い頑張りましょうね。

  2. タカ

    イチゴ栽培復活ですね!カレンベリーは病気に比較的強いですね、我が家でもウドンコ病が蔓延した時カレンベリーだけは無事でした。味はよくわからないので今年はしっかり育てて来年確認する予定です(^_^;)イチゴ苗が続々とホームセンターに並び始めましたね、こちらでは宝交早生・章姫・紅ほっぺがメジャーです。とよのか・アイベリー・さちのか・蜜香などもみかけましたよ。収穫まで長丁場になりますが頑張りましょう~

コメントを残す