イチゴの植え付け

注文していたイチゴの宝交早生が昨夜届きました。

先日購入し鉢増しをしていた「とちおとめ」とカレンベリーをプランターに植え付けしました。とちおとめと一緒に購入した「さちのか」は先日の爆弾低気圧の猛烈な突風で吹き飛ばされ残念ながら枯れてしまいました。急遽購入したホームセンターにさちのかを買いに行きましたがすでに売り切れ、代わりに紅ほっぺを購入しました。

ichigo_2015-10-10-01

植えつける際にコンパニオンプランツとしてニンニクがイチゴと相性がいいということで一緒に植えつけてみました。

ichigo_2015-10-10-02

紅ほっぺ(左)ととちおとめの間にニンニクのホワイト6ペンを一緒に植えつけました。

ichigo_2015-10-10-03宝交早生

ichigo_2015-10-10-05カレンベリー

宝交早生はまだ小さいですが、冬になるまでに少しでも大きくしておきたいと思い全てのイチゴを植えつけました。

ナスやトマトにはコンパニオンプランツとしてインゲンやバジルを植えつけていましたが、コンパニオンプランツとしてイチゴにはネギやニンニクが有る事をネットで知りました。しかもネギよりニンニクが大きく育つことを知りためしてみました。

ニンニクの根にイチゴの萎黄病や炭疽病の病原菌を減らす微生物が付いているそうです。また、ニンニクの強い臭いが害虫を近づけない効果があるそうです。

うまくいけば減農薬を実現できます。結果は来年の収穫の時ですね。

コメントを残す