菜園ハウスの野菜たち

8月19日にセルトレイに種蒔き9月16日に菜園ハウスに植え付けた葉物野菜が大きく成長して来ました。

リーフレタスのちりめんちしゃと玉レタスの早生サリナス

左が水菜、右は茎が赤い水菜の紅法師、いずれも収穫サイズになりました。


小松菜は10月に入り収穫サイズを遥かに超えて大きくなりました。

先週、ハウスの葉物野菜第2弾を種蒔きした物が順調に発芽して来ました。


右からチンゲンサイ、雪菜、かき菜、小松菜です。

当地では、秋蒔き野菜のタネは発芽の適温の期間が短いので、露地栽培では今頃が種蒔きの限界でしょうか。冬場に向けて生育を続けるにはマルチとトンネル掛けが必須です。

そうすれば12月中旬ごろまで生育し収穫できますが、トンネル掛けは天気の良い日は、トンネル内の温度が上がり過ぎる事があり葉焼けしたり、追肥の際はトンネルとマルチを一々外さないといけないのが欠点ですね。

ハウス栽培はその点気温の上昇があってもトンネル掛け程極端に上がりませんし、追肥も楽です。


9月22日に種蒔きをしたレタス苗が大きくなって来たので、此方も随時植え付けて行きます。

コメントを残す