4回目のほうれん草の種蒔き

キュウリを栽培していた畝に、4回目となるほうれん草の種蒔きをしました。

種蒔きをしたのは、べと病に強く低温伸長性と耐寒性がある、秋冬まき品種の日本ほうれん草のチーターFEです。此方の地方では、秋まきで8月中旬から10月下旬まで種蒔きが可能です。


ひと穴に3、4粒づつ種蒔き60箇所に蒔きました。10日位で発芽し40〜60日で収穫出来ます。

もう一つはちぢみほうれん草のあさぎり、肉厚で葉が幅広く4度以下に10日間以上あてると甘みがましたちぢみほうれん草になります。


最後は同じくちぢみほうれん草の冬霧7。

秋まき冬どり栽培に適し、ベトレース1〜7に抵抗性を持つ品種です。

ハウスでは10月から種蒔きが出来、2月まで収穫ができます。ハウスのほうれん草も数回種蒔きをする予定です。


3種類のほうれん草、いずれも特徴があり収穫が楽しみです。

コメントを残す