里芋の収穫

先日試し掘りをした里芋の収穫を初めました。

2畝作付けしたうちの1畝を収穫しました。

昨年の種芋を芽出しして5月29日に植え付けた里芋を収穫したものです。

5株掘り上げました。

上の写真は孫芋、小ぶりですが数は結構有ります。

真ん中の写真は子芋です。

型の良い子芋が出来ました。

下の写真が親芋です。大きいものは拳より、ふた回り程大きな親芋です。

5株掘り上げましたが、まあまあの収量だった様です。子芋の形が良かったので質は高い方かも知れません。

福井県大野市上庄地区で、室町時代から作れれているという在来種で、数年前に頂いて美味しさに感動し、種芋を入手して栽培を続けています。

今年は昨年より収量があるので、来年用の種芋は余裕で確保出来そうです。

しかし、ここに来て、栽培に誤りが有る事が分かりました。種芋の親芋を芽出しする時は、芋の上から4分の1を切り取り、残った下の方を逆さにして芽出しをするそうです。

里芋を栽培されている方々のブログを拝見していると、逆さ植えをすると収量が増える事が分かりました。

来年は逆さ植えして、芽出しをしてみようと思います。

コメントを残す