大根の保存

昨日は今季最高の寒波が襲来し、各地で大雪の被害が出ています。此方でも雪が降りました。

この寒波は2、3日居座る様で、今朝の最低気温は氷点下5度と真冬並みの寒さとなりました。

白菜は先日、冬囲いをしておきましたが、大根は未だ畑に植えてあります。このままでは低温に当り傷んでしまい食べられなくなってしまいます。

毎年大根はビニール袋に入れ袋の口を紐で縛っておくと一月位は保存出来ます。

先日NHKの「やさいの時間」と言う番組で収穫した大根を穴に埋めて保存する方法を見て、長期保存に挑戦する事にしました。

深さ50センチ程の穴を掘ります。

収穫した大根の葉っぱを取って穴に敷き詰める

土を被せておきます。これで霜や寒さから大根を守る事が出来ると思います。

考えてみると、里芋も穴に埋めて冬越しをするので上手く行きそうです。

昨日の雪で山は真っ白です。今年の冬はラニーニョの影響で寒い冬になりそうです。

コメントを残す