カテゴリー別アーカイブ: ジャガイモ

ジャガイモに花が咲きました

ジャガイモに花が咲きました。

メイクイーンの花は薄紫色です
ノーザンルビーは白色
男爵に土寄せと追肥をしました。
以前は、害虫のニジュウヤホシテントウが沢山いましたが、薬剤散布が効いたのか殆ど居なくなりました。

代わりに益虫のナナホシテントウが居ました。


アブラムシを食べてくれるので大助かりです。

ジャガイモに花芽が出来ました

早いものですね。ジャガイモに花芽が出来ました。

ノーザンルビー
メイクイーン
株も20センチ程に成長して来たので、除草と追肥をして2回目の土寄せをしました。

ジャガイモの土寄せは一応これで終わりですが芋が成長して露出する様なら適時土寄せです。

ニジュウヤホシテントウ
アブラムシとニジュウヤホシテントウの蝕害がひどくなる前にダコニールとスミチオンの1000倍液の薬剤散布をしておきました。

ジャガイモに土寄せ

ジャガイモの出芽がそろいました。


芽出しの効果は絶大ですね。欠株は1つも有りませんでした。

とおや
一番生育が良いですね。

メイクイーン
滑らかで甘味が特徴です

ノーザンルビーとシャドークイーン
どちらもアントシアニンが多く含まれている紫色のジャガイモです。


まだまだ朝晩は冷え込み、遅霜の心配が有るので北側の土を株元に寄せて、冷たい北風が出芽した株に直接当たらない様にします。

10センチ位に成長したら1回目の土寄せをします。

ジャガイモが出芽して来ました

3月26日に植え付けたジャガイモが出芽して来ました。


植え付ける前に、日に当てて萌芽させてから植え付けたので、今年は出芽がそろいました。例年と男爵やとおやは出芽が揃いますがメイクイーンは出芽が揃わず、遅れる傾向でしたが、浴光催芽をしてから植え付けたので、中々萌芽しないメイクイーンも良く萌芽していたため、今年は出芽が揃った様です。

とおや
メイクイーン
ノーザンルビー
シャドークイーン
中々出芽しないと心配です。

萌芽した物を植え付けるのですから当たり前ですが、出芽が揃うと安心しますね。

来年から浴光催芽をしてから植え付けることにします。

ジャガイモの植え付け2回目

2回目のジャガイモの植え付けました。

品種は男爵です。前回の植え付けの時に場所が無くなったので、今回新たに昨年カボチャを栽培していた場所に植え付けました。

これで今年のジャガイモの植え付けは終了です。

芽が出てきたら2本に間引きその後2回土寄せと追肥をしていきます。

例年なら7月中旬に収穫となります。

ジャガイモの植え付け

芽出し作業をしていたジャガイモは良い感じに芽が出て来ました。


芽出しをしなくても植え付けられますが、芽出しをして植え付けると余分に出た芽は事前にかき取って植えられるので、後から間引く手間が省けます。


畝幅を60センチとり15センチ程の深さに溝肥として化成肥料を施し5センチ程埋め戻して植え付けました。


株間は30センチで植え付ける。


株間に堆肥を置肥した。

手前からとおや、メイクイーンを一畝づつ、ノーザンルビーとシャドークイーンを残りの畝に半分づつ計3畝うえつけました。


今年はノーザンルビーとシャドークイーンと言うムラサキ色のジャガイモに挑戦です。どんなジャガイモができるか楽しみです。

ジャガイモの植え付け準備

ジャガイモの植え付け準備をしました。

天気予報は昼から雨の予報ですが既に空はどんよりとして、今にも降りそうです。


弱酸性を好むジャガイモには、石灰は施さずに耕耘しました。

耕耘が終わる頃雨が降り出しました。ギリギリ間に合いました。

今年は毎年栽培しているメイクイーンと男爵、一昨年栽培して収量が安定していた「とうや」それとムラサキ色のシャドークイーン、ピンク色のノーザンルビーを予定しています。現在芽出し作業中ですがまだ、芽が出ていません。芽が出ていなくても植え付けは可能ですので良いのですが、丈夫な苗を育てる為には芽出しした種芋が良いのですが、植え付け予定は来週の日曜日です。

芽が出るといいなぁ。

ジャガイモの芽出し

今年植え付けるジャガイモの種芋です。


右上が男爵、日本で一番栽培されている品種。果肉は白色でホクホクして香りも良いジャガイモです。

左下がメイクイーン、男爵よりも果肉は黄色く粘質はねっとりしていて煮物に向いているジャガイモです。

左上と上段中はとうやです。平成4年に「ばれいしょ農林31号」として農林認定された新しい品種です。とうやは男爵とメイクイーンの丁度中間の粘質です。

下段右端はシャドークイーン、果肉が紫色をしています。お菓子などに使えますね。

下段中は、ノーザンルビーです。2006年にシャドークイーンと共に品種登録された新しいジャガイモです。此方も果肉がピンク色でお菓子やポテトチップスなどに向いているジャガイモですね。

今年はこの5品種を栽培します。

男爵とメイクイーン

直射日光の当たらない明るい場所に置いて芽出し作業です。

とうやとシャドークイーンにノーザンルビー
とうやは芽が出て来ていますね。

植え付けは今月下旬で急ぎませんが、まだ、畝の準備は出来ていません。他に果樹の植え替えなど残っている作業がまだまだ沢山有るので急がないいけません。

ジャガイモの試し掘り

薬剤散布でニジュウヤホシテントウの被害はなくなりましたが、ジャガイモの葉が枯れ始めました。

収穫時期が近付いてきたようです。

葉が枯れたとおやを試し堀りしてみました。

poteto_2016-06-26

2株掘りあげました。

大きさは中くらいの物がそろっているようですが、まだ小ぶりですね。

本格的な収穫までは、後2週間ほどあります。それまでもう少し太らせたいですね。

ジャガイモの追肥と土寄せ

5月初めにジャガイモの芽欠きをしましたが、今日追肥をしようとしたら葉の食害が見られました。

poteto_2016-05-14-1

よく見るとニジュウヤホシテントウが沢山いました。

poteto_2016-05-14-2

ニジュウヤホシテントウは捕まえようとすると葉の上からポトリと落ちたり、くるりと葉の裏に隠れたりしてなかなか捕まえることが出来ません。数も多いので薬剤散布をすることにしました。

poteto_2016-05-14-4

薬剤散布の後、追肥をして土寄せをしました。

今年は害虫の食害を受けましたが、葉の色艶もよく4月と5月は天候に恵まれ、茎も太いように思います。

今年はニジュウヤホシテントウが多いようですね。ニジュウヤホシテントウはナスやピーマンにも飛来するので早めに駆除したいですね。