カテゴリー別アーカイブ: ズッキーニ

菜園ハウスの様子

菜園ハウスの中はもう初夏の陽気が続いています。

冬の間高値が続いていた葉物野菜のほうれん草、小松菜、かき菜はすでに終了しました。菜園ハウスのお陰で冬場に野菜を食べ続けることができて最高でした。

今はレタス類が残っています。

サンチェとサニーレタス

収穫サイズになって来ました。

玉レタスとサニーレタス

玉レタスは拳くらいの大きさになっています。

ハウス内は育苗中の夏野菜で一杯になって来ました。

ハウス内

手前左がキャベツ右は蒔き直したキュウリ、後ろ右がインゲン、真ん中はプリンスメロン、左はメランポジューム

夏野菜の苗トマト、ナス、キュウリ、ズッキーニ、インゲン、元気です。

胚軸切断挿木の様子

4月15日に胚軸切断挿木をしたキュウリとズッキーニの様子です。

4月17日挿木から2日経ちました。ズッキーニの双葉が少し萎れて来ました。

4月20日ズッキーニの双葉の萎れも幾分回復して来たようです。キュウリは本葉が少しですが大きくなって来ました。

挿木後5日〜7日で発根して来るそうです。挿木から5日が経ち本葉も心なしか成長しているようなので発根して来ているようです。

発芽が悪かったキュウリの蒔き直しも発芽しました。

少し徒長しているので これも胚軸切断挿木ですかね。

ズッキーニの胚軸切断挿木

ズッキーニが発芽して本葉が出て来ましたが、少々徒長してしまいましたので胚軸切断挿木をする事にしました。

徒長したズッキーニ

徒長して茎が曲がって来ました。

地際から切り取り水に1時間程付けて水揚げをします。

黄色のズッキーニ、オーラム

普通種のズッキーニ

育苗用の衣装ケースに入れて活着を待ちます。

胚軸切断挿木を行うと一時的に生育が遅れますが、根が出ると通常の苗より病害虫に強く、生育も旺盛になるそうです。

ズッキーニはうどん粉病になりやすいので、胚軸切断挿木によりうどん粉病に強くなってくれると嬉しいですね。