カテゴリー別アーカイブ: ニンジン

年始の挨拶に野菜収穫

今朝の最低気温は-6.2度、この冬一番の冷え込みとなりました。

今日は正月に行けなかった親戚へ挨拶周りに行きました。

手土産は野菜です。

ダイコン、ニンジンは昨年末に収穫して畑に穴を掘り貯蔵しておいたものですが、この所の最強寒波もなんのその!寒さでシミて傷む事も有りませんでした。穴を掘っての貯蔵良いですね。来年もこの方法で貯蔵します。

他にはほうれん草、レタス、白菜、タマネギを収穫して持って行きました。

何処も野菜が高騰しているそうで、大変喜ばれ野菜を作っていて良かったと思う瞬間でした。

田んぼも雪景色。

晴れて天気も良いのですが、外で作業をしているとつま先や手先きが冷たく顔は寒さで痛いくらいです。

2回目のニンジン収穫

7月22日に冬用の種蒔きをしたニンジンが収穫時期を迎えました。

夏場のニンジンの種蒔きは、向光性種子の為覆土は薄くしないと発芽が揃いませんので、籾殻で乾燥防止をしたり寒冷紗を掛けたりと結構手間が掛かりましたが、それだけに収穫を迎えると苦労が報われたと言いますか自分なりの達成感があります。

冬用のニンジンは時なしニンジンと冬越しニンジンを90センチの畝に一列づつ二条植え、それぞれ70株を植え付けて有ります。

左2本が時なしニンジン、右3本が冬越しニンジンです。どちらも収穫時期となりました。

春に種蒔きをして7月から収穫していたニンジンもまだ少し残っているので来年の春まで収穫が出来そうです。

ニンジンの収穫が続いています

ニンジンの収穫が続いています。


4月に種蒔きをして7月から収穫をしているニンジンの向陽二号です。

大きく育ち過ぎてしまいました。

ニンジンも一年を通して栽培出来て、玉ねぎ同様料理に欠かせない食材ですね。

これからも頑張って消費して行きます。

ニンジンが発芽しました

7月22日に種蒔きをしたニンジンが発芽しました。


乾燥防止に寒冷紗を掛けていましたが、寒冷紗の網目から新芽が出ていました。

急いで寒冷紗を外してみると見事に発芽していました。


種蒔き後11日で発芽して来ました。

種蒔き後雨天の日が続いたのが良かったようです。


左の列が時なしニンジンで、右側が冬越ニンジンです。10月末からの収穫となりそうです。

4月に種蒔きをしたニンジンは、間引きをしながらですが、収穫が始まっています。

ニンジンの種蒔きをしました

4月に種蒔きをしたニンジンも大きくなって来ました。


間引きをしながら収穫をしていますが、急な大雨で株が割れた物が有ります。


冬用のニンジンの種蒔きをしますが、暑さ対策をしながらの作業となります。


今回も2条植えです。畝に十分水やりをしてペットボトルのキャップを使い、5センチ間隔で穴を開けて行きます。

時なし五寸ニンジンと冬越五寸ニンジン

時なし五寸ニンジンは種蒔き後90日位から収穫が出来ます。

冬越五寸ニンジンは寒さに強く冬から春どり用のニンジンです。

植え穴にタネを5、6粒位多めに蒔きました。種蒔き後薄めに土を掛け、再びペットボトルのキャップでタネを鎮圧してタネと土を密着します。その上から乾燥防止に籾殻を被せシッカリと散水しました。更に上から寒冷紗を掛けておきました。


それぞれ、50株の種蒔きです。

発芽まで10日位かかります。発芽まで土を乾かさない様に管理をしなければなりません。ニンジンは発芽させれば50パーセント成功だそうです。それ程発芽させるのが重要なんですね。

畑の様子

昨日の雨で東北も梅雨入りしました。

雨が降らず畑はカラカラに乾いていたので、まさに恵みの雨でした。

里芋には良い雨となりました。
ニンジンは間引きと1回目の追肥が終わりました。
先週植え付けたトウモロコシも活着した様です。
頂き物のヤーコンが発芽
ナスにも初生り果が出来ました

畑も夏野菜が賑やかになって来ました。

ニンジンが発芽しました

4月27日に種まきをしたニンジンの向陽二号でしたが、10日経っても発芽しませんでした。種まき後25度を超える気温の日が続いたり風の強い日があったので土が乾いてしまった様です。

今日はタネを蒔き直そうと思い、掛けていた寒冷紗をめくるとなんと!発芽しているでは有りませんか。


先週の土曜から月曜にかけて100ミリを越す雨が降り続きました。


それが良かったのでしょうか。

それにしても種まきから20日も過ぎてから発芽したのは初めての経験です。

これから1週間は晴天の日が続く予報なのでタップリ水をやり寒冷紗も掛けておきました。

ニンジンの種まき

ニンジンの種まきをしました。


ダイコンを栽培していた畝に種まきをしました。70センチ幅の畝に2条の点蒔きです。

ペットボトルのフタを畝に押し付け深さ1センチの穴を開け種子コーティングしたタネを2粒づつ蒔きました。ニンジンは友育ちで育ちますが本葉が2、3枚までの話だそうです。それ以降は1本立ちで育つそうなので、あえて筋蒔きをせずに間引きが楽な様に点蒔きし、気温も高くなって来たので一箇所に2粒づつにしました。


薄く土を掛け乾燥防止にモミガラを敷きました。右上の黒い部分はモミガラクンタンです。何方の発芽が良いか実験です。


さらに上から不織布を掛けておきました。

来月に2回目のタネましを予定しています。