カテゴリー別アーカイブ:

野菜の様子

25日から27日にかけてまとまった雨が降りました。

お陰で、畑の玉レタスも大きくなって来ました。

結球もかなり進んで来ました
18日に植付けたキャベツ
根付いて成長して来ました
トウモロコシも成長して来ました
敷き藁にしようと種まきをしたライ麦
畑がにぎわって来ました。

ライ麦の発芽

トマトやキュウリ、カボチャの畝にマルチの材料として、春に収穫したライ麦のワラを使用していましたが、このところの台風で降った大雨でライ麦が発芽してきました。ライ麦が発芽してきました

敷きわらした中に、刈り取った穂が残っていてそれが発芽したようです。

今年は畑の都合上、麦の栽培は出来ませんでしたが、ライ麦も含め、小麦と大麦も種を取ってありますから、来年また、栽培したいと思います。

 

六条大麦の発芽実験

6月18日に麦の収穫が無事終わり、乾燥も順調に進み来年の種籾も確保することが出来ましたが、完全に穂に実が入っていないうちに台風が来て刈り取ってしまったので、来年この種で発芽するのか非常に心配です。

そこで、これらのタネを使って発芽実権をしてみました。

まず、一番最初に花が咲いて結実し、見るからにタネが成熟していそうな六条大麦から始めます。

六条大麦実の1つ1つに張りがあり十分太っています

六条大麦一つの穂から約35粒タネがとれました。一つの株には5から10ほどの穂がかぶわかれしています。10個の穂が付いた株は350粒ほどになり1個の種が1年で350倍になった計算です。

六条大麦

水に浸した濡れティッシュにタネを包冷蔵庫の野菜室に入れ、約一週間で発芽しました。発芽率も95パーセントほどあり十分な成績ではないでしょうか。

 

麦を刈り取りました

非常に勢力の強い台風4号が、明日未明に東北地方を通過すると天気予報がでたので、麦を刈り取ることにしました。六条大麦は開花後35日経ちました。刈り取り適期は開花後45日とのことですので、10日早いです。南部小麦は開花後30日経過、ライ麦は開花後25日経過いずれもまだ早いのですが刈り取りました。

麦を刈り取りました

六条大麦はおおむね実が入っているようです。南部小麦は5割程度でしょうか、ライ麦は2割ほどではないかと思います。そんな、南部小麦ですが雀たちが盛んにきて穂をついばんでいます。

計画では、刈り取ってから精麦をしてうどんやパンを作る予定でしたが収量及び品質が悪くそれほど量はとれないと思うので、採れた麦は来年の種モミとして活用してみようと思います。

はじめての麦栽培、難しい半面貴重な経験をさせてもらいました。今後の栽培に生かせると思います。

六条大麦とライ麦の様子

六条大麦は株全体が大分小金色になってきました。穂もくの字に曲がってきているのでそろそろ刈りどきでしょうか。

六条大麦の様子

茎も大分枯れてきたようです。

ライ麦の様子

ライ麦も穂が曲がってきているものが多くなってきました。台風が近づいているので刈り取ろうかどうしようか悩んでいます。この前の、小麦の事もあるので思案中です。

南部小麦南部小麦の様子

南部小麦が雨で倒れる

昨日、梅雨入りした途端に雨が降りづ付き今朝まで降り続いていました。畑に行くと昨日倒れかけた南部小麦が無残にも倒伏していました。

昨日は雨が激しく降っていましたがここまでひどい状態になっているとは思いませんでした。密植で中の株が助長しているのと雨で、地盤が緩んだこともあるのでしょうか?穂が出て花が咲き実が入ったので、なおさら穂先が重くなっていたのだと思います。

背丈が2mを越したライ麦と六条大麦は何とか倒伏しないでこらえています。

このままにしておくと、雨にぬれた小麦が発芽してしまう可能性があるので、雨の降る中ではありましたが、株を縛り立ちあがらせました。

これで何とか雨がやんでくれればと思います。

麦が雨で倒れる

穂が出て花が咲き実が重くなったせいなのか、南部小麦が雨に打たれ倒れてしまいました。

南部小麦

元々90cmの畝に5列種まきをしたので、株間が狭く中の列はほとんどカスカスの状態です。倒れないように土寄せしたいのですが隙間が無く土寄せで来ません。株は真ん中の弱いところから倒れています。

大麦大麦とライ麦も穂が実っていますが倒れていません。

来年は3列もしくは2列にして丈夫な小麦を栽培したいです。