カテゴリー別アーカイブ: レタス

各種レタスの植え付け

先日作った畝にレタス類を植え付けました。

キュウリ、ナス、ピーマン、インゲンなどの夏野菜用の畝を5月5日に4本作りました。

玉レタス、サニーレタス、ちしゃをそれぞれ6株づつ、真ん中に蔓なしインゲンを植え付けました。

ハウス内のサニーレタス、ちしゃも収穫が続いています。

玉レタスも今日から収穫です。

菜園ハウスの様子

菜園ハウスの中はもう初夏の陽気が続いています。

冬の間高値が続いていた葉物野菜のほうれん草、小松菜、かき菜はすでに終了しました。菜園ハウスのお陰で冬場に野菜を食べ続けることができて最高でした。

今はレタス類が残っています。

サンチェとサニーレタス

収穫サイズになって来ました。

玉レタスとサニーレタス

玉レタスは拳くらいの大きさになっています。

ハウス内は育苗中の夏野菜で一杯になって来ました。

ハウス内

手前左がキャベツ右は蒔き直したキュウリ、後ろ右がインゲン、真ん中はプリンスメロン、左はメランポジューム

夏野菜の苗トマト、ナス、キュウリ、ズッキーニ、インゲン、元気です。

レタスの様子

3月21日種まきの各種レタスを植え替えしました。

サンチェ

サニーレタス

本葉が出て株も大きくなりました。

このレタスは沢山発芽したので、4月2日に半分ほど胚軸切断挿木をしました。

サンチェ

サニーレタス

地際からカットして水あげを1時間くらい行って挿していきました。

4月2日

玉レタスのサリナス

サンチェ

サニーレタス

4月12日

10日前と比べると葉が大きく展開して来ており発根した様に思います。そろそろ鉢上げをしても良いと思います。

2月8日種まきのサンチェ

サニーレタス

玉レタスの早生サリナス

菜園ハウスに植えつけた各種レタスも大きくなっています。

レタスは我が家で一番といっても良いほど消費の多い野菜です。キャベツの様に周年栽培をしたくて真冬の栽培に挑戦していましたが、今年の寒波であえなく枯れてしまいました。レタスは春と秋が栽培適期ですので、なるべく長く収穫できる様に頑張って見ます。

レタスの発芽

3月21日に種まきをして自作育苗器に入れて発芽を待っていましたが、昨日発芽して来ました。

リーフレタスのちりめんちしゃ

定番のサニーレタス

結球レタスのサリナス

我が家の自作育苗器は発泡スチロールですので、育苗器の中に光があまり入りません。

レタスは向光性種子ですから発芽には光が必要ですので、育苗器で保温しながら発芽を待ちました。

昨日2、3芽発芽してきたので、外の日当たりの良い透明な衣装ケースに入れて置きました。

種まきから5日で発芽、適期に蒔けば発芽率も上がりますね。

レタス類の種まき

レタスの種まき、今年何回めでしょうか?

播種時期が早いのも有りますが、今年は寒すぎて発芽がすこぶる悪いです。

レタスの発芽適温は15℃〜20℃、今の時期の気温は6℃〜9℃、発芽には気温が低過ぎます。

そこで地温を20℃に設定して、発芽育苗器で発芽させて見たいと思います。

玉レタスのサリナスとサウザー

リーフレタスの定番、サニーレタスとちりめんちしゃ

ただ、レタスは向光性種子です。我が家の育苗器は発泡スチロール、保温のため蓋をすると暗くなるので上手く発芽するかどうか?

菜園ハウスの様子

昨日東京の桜の開花宣言が出ました。

当地ではまだ寒い日が続いていますが、日に日に暖かくなって来ているようです。

菜園ハウスの中も、晴れた日中はポカポカです。

ちじみほうれん草のあさぎりとほうおう

11月21日種まきのあさぎりとほうおうもそろそろ収穫の時期。

春夏どりに適したおてもやん、ハウス栽培で5月上旬から収穫

露地トンネル栽培のちじみほうれん草も収穫が始まりました。

ちじみ小松菜

此方も11月21日種まきのちじみ小松菜、やっと成長して来ました。

昨年収穫したチンゲンサイは董立ちし菜の花状態。

サンチェ

サニーレタス

1月14日種まきのサンチェとサニーレタス、やっと植え付けです。

レタスの種まきです

今年2回目の種まきです。

前回蒔いたサニーレタスと玉レタスのサリナス、芽出しをしてから種まきをしましたが、発芽が良くなかったので再度種まきをしました。

今回は芽出し作業はせず、直接セルトレイに種まきをしました。

たっぷりと水やりをして透明なプラスチックケースに入れ蓋をして発芽を待ちます。

チマサンチュが発芽

最強寒波が居座っていますが先日種蒔きをしたチマサンチュが発芽しました。

芽出ししたお陰で発芽が早く揃いも良いですね。

一方サニーレタスは種が古くなったせいか芽出ししても発芽率が低かった。

発芽したのは1、2芽だけ。温床に入れて保温すれば良いんでしょうが自然に発芽するのを待って見ます。

連日最低気温が氷点下6、7度にもなるので発芽したチマサンチュの芽が心配です。

今年最初の種蒔き

早いもので一月も2週間が経ちました。今週は寒波も弱まり過ごし易い日が続きました。

今年最初の種蒔きをしました。

サニーレタスとチマ・サンチュです。

種蒔きの際に、発芽しやすいように水に浸したティッシュにタネを包み温かいリビングに置いておきました。

3日程で発根して来ました。

チマサンチュ

サニーレタス

チマサンチュは先日購入した新しい種、発根率が良いですね、一方サニーレタスは3年前の種、発根率が落ちて来た様です。

セルトレイに予め湿らせて置いた培養土を入れ、一ヶ所に4〜5粒づつ種蒔きをして、種が隠れる位薄く覆土。

水遣りはジョウロを使わず種が流れない様に霧吹きで土の表面を湿らせました。

発芽するまで菜園ハウスの中で透明なケースに入れ乾燥防止と保温の為蓋をしました。

昼のハウス内はポカポカです。

先日植えたチジミ小松菜も活着したようです。

ほうれん草も元気です。

来週にはまた寒波が到来するようで発芽が気になります。

年始の挨拶に野菜収穫

今朝の最低気温は-6.2度、この冬一番の冷え込みとなりました。

今日は正月に行けなかった親戚へ挨拶周りに行きました。

手土産は野菜です。

ダイコン、ニンジンは昨年末に収穫して畑に穴を掘り貯蔵しておいたものですが、この所の最強寒波もなんのその!寒さでシミて傷む事も有りませんでした。穴を掘っての貯蔵良いですね。来年もこの方法で貯蔵します。

他にはほうれん草、レタス、白菜、タマネギを収穫して持って行きました。

何処も野菜が高騰しているそうで、大変喜ばれ野菜を作っていて良かったと思う瞬間でした。

田んぼも雪景色。

晴れて天気も良いのですが、外で作業をしているとつま先や手先きが冷たく顔は寒さで痛いくらいです。