カテゴリー別アーカイブ: ソバ

おいしい蕎麦

先日、妻と娘の3人で紅葉狩りを兼ねてドライブに行きました。暖かな日が続いているのでまだ、紅葉には早いかなと思いましたが、山に入ると紅葉が見事でした。

宮城県と山形県の県境に七ヶ宿町という町があります。江戸時代は宿場町として栄たところで、ゆき深いこの町は江戸時代からの街並みが残っている町です。ここ七ヶ宿湯原(ゆのはら)地区は、宿場町として栄えましたが、他に蕎麦の産地としても名を馳せたころがあったそうです。
伊達藩の地史編纂を行った佐久間洞巌が、著書の中で「蕎麦 二迫、文字村、鬼首、笹谷、湯原 等 山谷之間 為 上品」と書いており、伊達領の蕎麦の産地6ヶ所の一つとして紹介されていたそうです。

この蕎麦屋(芭蕉庵)は、平成11年に開店したそうですが、その1年前には七ヶ宿では蕎麦の栽培がほとんど無くなっていたそうですが、店主が蕎麦栽培をして七ヶ宿産蕎麦を復興したそうです。
メニューにもありましたが、「全そば」はこの七ヶ宿産そばを100%で打ったそばです。メンは二八そばと比べると太めですが、コシがあり風味豊かな蕎麦で した。全そばセットには薬味として、おろしわさび(七ヶ宿産)と辛味大根おろしそれとネギの3種類が付いてきますが、ワサビは摺り下ろしたワサビに茎や葉 も刻んで入っておりなかなかの味でした。季節の野菜料理と漬物、揚げ出し豆腐。食後のデザートも付いてきました。また、鴨南蛮も絶品でした。

01

 

お茶として出てきたそば茶がとてもおいしいお茶でした(写真右上)。色は麦茶、味は麦茶というよりは番茶に近い味でしかも蕎麦の風味がしっかりとあり、口の中いっぱいに広がります。

このお茶を飲みながら出てくる蕎麦の味を想像しながら待つのも、なかなのものです。お店にはこのそば茶のほかにそばは勿論そばがき、そばのお菓子なども販売していました。

蕎麦も麺だけじゃなくいろいろバリエーションが楽しめるものなのだと感心しました。

改めて先人の知恵に「ありがとう!」ですね。

蕎麦を栽培したら、蕎麦茶を作って飲んでみようと思います。

信州大そば

先日、注文していた信州大そばが送られてきた。小袋で1dl入っています。来年作付予定の畑には充分過ぎる量です。信州大そばは信州大学農学部で信濃1号から育成されたソバの四倍体品種で、粒は大粒で黒褐色茎も太く倒れにくく、霜に対して強い。生育期間が長いため、平均初霜の80~90日前が種まきの適期だそうです。
送ってくれたつる新種苗さんは種の他にそば栽培の要点を書いた紙を同封してもらった。

01

○そばは一般に無肥料栽培が行われるほど吸肥力が強く、窒素を多用すると、結実不良、従長、倒伏の原因となるそうです。
○播種方法は条まきで畝幅60cm蒔幅18cmとして10aに4から5kgほど種まき。
○そばは開花結実がそろわないので、全体の70%ば成熟し黒褐色にかわったら収穫し、未熟なものは自然乾燥中に追熟させるようにするといいそうです。

さっそく料金を振り込みましたが、次の日に入金のお礼のメールが来ていました。

種と一緒に栽培の要点などを同封してもらい、それだけでも種を大事にしている会社なのだと思っていたのに、種の袋もビニールの袋に入れてあり丁寧に包まれていたので種に対する心遣い会社の方の種に対する思いが伺われます。

蕎麦の種の注文

朝晩めっきり冷え込んできて、今朝の最低気温は4.1℃とこの秋の最低気温でした。
こう寒くなると、暖かい食べ物が恋しくなります。
鍋物とかいいですね。でもこの季節はやはり新蕎麦でしょうか。新蕎麦のおいしいことといったらありません。
自給自足を目指すものにとってはやはり、麦で作るパンやうどんそれと蕎麦は欠かせない穀物でしょうか。
今日、来年の作付けのためにネットで信濃1号という蕎麦の種を1袋(1dl)注文しました。
先日注文した信州大ソバ1袋(1dl)と併せて蕎麦を2品種栽培してみようと思います。
本当は、東北ですので地元の在来種を栽培してみたいのですがなかなか見つからないのでとりあえず、来年の種を確保するた注文しておきました。
自給するからには蕎麦を自分で育てて収穫し製粉して麺を打ち食べなければ意味がありません。
蕎麦は奥が深そうです。
来年の種まきまで勉強しておかなければなりません。