カテゴリー別アーカイブ: 果樹

果樹の様子その2

桃の花が咲いたと思ったら、もう果実が出来て来ました。

桃は3品種栽培していますが、5年ほど前にせん孔細菌病にかかり治すのに3年かかりました。一時期諦めようと思いましたが、何とか完治して今では小ぶりながら収穫しています。

りんごのふじ

ふじに接木したぐんま名月

りんごは昨年の11月に花を咲かせました。10月に気温が下ったのですがその後、11月に入り暖かな日が続いたので、狂い咲きした様です。今年の開花を諦めていたのですが、4月に開花したのでびっくりです。ぐんま名月も接木をして3年目やっと花芽をつけて開花したのですが、ふじと開花が若干ズレているので上手く受粉出来ているか、もう少ししないと分かりませんね。

果樹の様子

新型コロナウィルスで自宅待機が続いている今年のゴールデンウィークですが、趣味の果樹栽培や家庭菜園をしているお陰でストレス無く没頭している今日この頃です。

果樹も元気に芽吹き出しています。

パトリオット

今年のブルーベリーは冬場に強めに選定したので、収穫は例年の半分位でしょうか。

一昨年に苗を購入した甘柿の富有柿です。

よく見ると花芽が見えます。今年収穫出来ると嬉しいですね。

写真のイチジクはバナーネですが、夏果が付いています。以前にも夏果が付きましたが夏前に落ちてしまい、まだ食べたことが無いので期待したいですね。

最後はブドウの様子です

ピオーネ

房が見えて来ました

巨峰

巨峰は例年より動きが少し遅い様です。

高妻

此方も良い感じに展開しています。

シャインマスカット

シャインマスカットはここ2年程房を付けていませんでした。昨年房を付けましたが梅雨の長雨で晩腐病にかかり収穫出来ませんでした。今年は期待したいですね。

瀬戸ジャイアント

瀬戸ジャイアントはここ数年房を付けないので栽培を止めようと思っていましたが、芽吹いて来ると、もう一年育てて見ようと思ってしまいました。

クイーンニーナ

ハニーブラック

紅伊豆

クイーンニーナ、ハニーブラック、紅伊豆は春に植え替えをしたので今年は気合が入ってます。

ゴルビー

ロザリオビアンコ

ゴルビーとロザリオビアンコも栽培を止めようと考えていましたが、結局もう一年栽培する事にしました。

ブドウは品種が多くなって、世話をするのが大変になってきましたが、それはそれで楽しみなんですね。趣味ですから。

果樹が動き出しました

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが今年は暖冬で果樹の動きが早いですね。

リンゴ

ブルーベリー

ブドウ

遅れていた薬剤散布をしました。

殺菌剤はベンレート水和剤とZボルドー水和剤、殺虫剤はスミチオン乳剤を散布しました。

リンゴやブドウのうどん粉病やベト病、桃のせん孔細菌病、柑橘類のかいよう病などの予防にベンレート水和剤とZボルドー水和剤を散布しました。

ハダニやアブラムシの予防にスミチオン乳剤を散布しました。

昨年の果樹は梅雨の長雨で殆ど壊滅状態。モモとブルーベリーは例年並の収穫でしたがリンゴやイチジク柿は例年の半分程でした。

特に酷かったのはブドウでうどん粉病、褐班病、黒とう病、べと病、カミキリムシの被害と全ての病気が出たようでゴルビーやピオーネなどは今までにない程、房の付きが良かっただけに悔やまれます。

鉢植えの果樹は植え替えを急がないといけません。

今年も果樹栽培がスタートしました。

今年のブドウ栽培の総括

今年のブドウ栽培を振り返って見ると、巨峰、ピオーネ、ゴルビー、高妻は順長に房をつけ、走り花が咲いたところまでは良かったのですが、ジベレリン処理の時期に雨降りが続き花ぶるいしてしまいました。

それでもマスカットベリーA、クイーンニーナ、ハニーブラックなどは菜園ハウスに入れてあったので何とかジベレリン処理をして房を付けることが出来ました。

ハニーブラック

紅伊豆

これらは3年目の苗なので来年に期待しています。

東北地方はジベレリン処理の時期が梅雨入りと重なるので、来年は雨除けを考えないといけませんね。

ブドウに走り花

ブドウの様子です。

マスカットベリーA

クイーンニーナ

ハニーブラック

ゴルビー

ゴルビーに走り花が見られます。この他、ピオーネ、巨峰、ハニーブラック、紅伊豆にも走り花が出て来ました。

走り花が出たので花穂の整形ですね。

ピオーネの花穂整形です

先端を4センチ程残し、2回のジベレリン処理の目印に2車残しました。

今年は瀬戸ジャイアントが数年ぶりに房を1個つけました。シャインマスカットは今年も房を付けませんでしたが、ゴルビーは立派な房を4個も付けたので房作りが楽しみです。マスカットベリーA、クイーンニーナ、ハニーブラック、紅伊豆の4種に小さい房を付けたのでそれぞれ、1房づつ育てて見ようと思っています。

新しく育てた4種これからが楽しみです。

ブドウの様子

ブドウも5月に入り気温が上がって来たせいでかなり芽吹いて来ました。

マスカットベリーA

左からクイーンニーナ、紅伊豆、ハニーブラック

紅伊豆は芽吹きが早いようですね。

巨峰

ピオーネ

ピオーネには小さな房が見えます。

ゴルビー

ゴルビーにも房が見えます。

シャインマスカット

シャインマスカットは相変わらず芽吹きが遅いようです。

昨年は巨峰とピオーネ、高妻は安定した着果でしたが瀬戸ジャイアント、シャインマスカット、ロザリオビアンコは房を付けませんでした。

今年はどうでしょうか?

2年目のマスカットベリーA、紅伊豆、クイーンニーナ、ハニーブラックも順調に芽吹いています。

今年も果樹栽培の始まりです。

ブルーベリーの開花

今年もブルーベリーの開花が始まりました。

ミツバチやマルハナバチが盛んに花の周りを飛び回っています。

昨年強めの剪定をしていたので今年は沢山花が咲きました。

6月末から収穫が始まり8月上旬ごろまで収穫が続きます。

桃梨リンゴの様子

今年の春は暖かくリンゴの開花も早く4月7日に開花しました

その後寒の戻りで開花が遅れていましたが18日には満開を迎えました。

この暖かさで桃や梨も一斉に開花

4月18日

適度な風と暖かさで蜂やハナアブがたくさん飛び回っていますので、今年は人工受粉はしないで自然の受粉に任せました。連休に入ると幼果が確認できるようになりました。

モモ

ナシ

リンゴ

これから摘果作業が忙しくなります。

ブドウの収穫始めました

巨峰を試し採りしてから、台風と秋雨前線が停滞し日照不足が続いています。

ブドウが雨で割れ出したので、収穫を始めました。

高妻 粒は小ぶりです

ピオーネ

今年は去年の日照不足により房を付けたのは巨峰(5房)、高妻(2房)ピオーネ(6房)そしてゴルビー(2房)

ゴルビー

唯一の赤ブドウですが2房のうち1房は早々とハクビシンに食べられて残りの1房です。

左からピオーネ、ゴルビー、高妻。今年は暑い夏だったので色付きがイイですね。これでシャインマスカットのミドリが有れば三色揃うのですが、来年に期待です。

高妻の糖度は14度とチョット低いのですが、食べると糖度以上に甘みを感じます。

これはゴルビー、こちらも糖度は14度と低いのですが色は綺麗にのっています。台風と秋雨前線の停滞で糖度が上がらなかったようです。味は普通に美味しいですね。冷やせばもっと甘みを感じると思います。

ピオーネの糖度は17度です。巨峰とピオーネは天候不順でも安定した収穫量と甘さがあるようですね。

これからしばらくはブドウを楽しめそうです。

巨峰の試し採り

先週は台風の影響で風雨が激しく心配しましたが、お盆を過ぎてブドウの糖度が上がって来ました。

前回測った時よりも幾分糖度が上がりました。

一房試し採りです。

色は黒く乗って来ました。

重さは216グラムと小ぶりです。

満開の時期に雨が降り続きジベレリン処理が上手く行かなかったのか房は小さ目です。

これから朝晩の気温差が出て来れば、甘みも乗って来ると思われます。