日別アーカイブ: 2018年5月14日

トマト植え付け

トマトに花芽が出来花が咲き出しました。

鉢増ししてから急成長して来ました。

花も咲き出しました。

花が咲いものからトマトトーンをかけて植え付けです。

先日植えたミニトマトの千果には小さな実が出来ていました。

こちらもミニトマトのプチぷよです。

同じく小さな実が出来て来ました。

大玉トマトのファイトです。

1段目の着果がその後の実付きに影響するのでトマトトーンで確実に着果させます。

気温が20℃より低い時は50倍、20℃より高い時は100倍にして成長点にかからないように花だけに散布します。

各種レタスの植え付け

先日作った畝にレタス類を植え付けました。

キュウリ、ナス、ピーマン、インゲンなどの夏野菜用の畝を5月5日に4本作りました。

玉レタス、サニーレタス、ちしゃをそれぞれ6株づつ、真ん中に蔓なしインゲンを植え付けました。

ハウス内のサニーレタス、ちしゃも収穫が続いています。

玉レタスも今日から収穫です。

オクラが発芽しました

5月5日に種蒔きをしたオクラが発芽しました。

左が赤いサヤの赤丸オクラ、右が丸オクラですが昨年のタネなのですが古いタネで発芽率が低いと思い水に浸けて芽出しをしてから種蒔きしましたが発芽率が50パーセントと低いです。追加で種蒔きしないといけませんね。

キュウリの植え付け

キュウリの苗が育って来ました。

胚軸切断挿木苗のキュウリも普通のキュウリと同じくらいに成長して来ました。

先日作った畝に植え付けです。

手前が胚軸切断挿木苗の四葉キュウリのシャキット、奥が普通キュウリの胚軸切断挿木苗一番奥が普通に種蒔きをしたキュウリの苗です。

風が強くまた、苗が小さいので害虫から守るため風対策と保温も兼ねてビニールをかけました。

胚軸切断挿木苗は病気に強い株だと言うことなので、普通の苗と生育や収穫状況を比較して見たいと思います。