日別アーカイブ: 2020年3月19日

ほうれん草の種蒔

ほうれん草の種蒔です。べと病に強く晩抽性のサンライトほうれん草。春から夏蒔きの一大交配種です。

元肥を全面に散布しよく耕伝し、60センチの畝幅に二条撒きしました。

スジ蒔きして覆土しタップリと散水し、乾燥防止に不織布を掛けておきました。

種蒔後30日位から順次収穫します。

ニンジンの種蒔

今年第一弾のニンジンの播種です。ニンジンは発芽しにくいので、種蒔の前にタップリと畝に冠水します。

畝幅60センチ株間8センチ深さ2センチに点播きです。2畝で80箇所に撒きました。

時なし五寸ニンジンを播きました。種子はイプロジオン・チウラム剤を1回処理してあります。

覆土をしてシッカリ天圧し土と種を密着します。畝が乾かない様に注意しながら発芽まで冠水します。

ジャガイモの植え付け

記録的な暖冬でジャガイモの種イモも発芽してきました。早速植え付けしました。

先ずは畑の耕伝です。じゃがいも専用の元肥とそうか病の予防にフロンサイト粉剤を全面散布してよく耕しました。

植え付けるのは今年もメイクイーンと男爵、それにきたあかりをそれぞれ1キロと男爵の自家製種イモを500グラムです。

畝幅は例年70センチ取っていましたが今年は少し広めの90センチで植え付けます。

メイクイーン

大きい種イモは半分にカットして株間30センチ深さ15センチの溝に植え付け、株間に元肥を置肥をして植え付けました。

右の畝が北あかり左が男爵

男爵

昨年は植え付けが2週間程遅れた事や、ニジュウヤホシテントウの被害が出て、早い時期から葉が枯れてしまい、芋が大きくなりませんでしたが、今年は早めの対策を心がけようと思います。

玉ねぎとニンニクの様子

早いもので明日は春分の日です。

日も長くなり外の作業も楽になりました。

暖冬だったせいもあるのでしょうが、ニンニクも成長してきました。

ホワイト6片

玉ねぎも暖冬のお陰で何とか冬を越せた株が多く一安心です。

ネオアース

天気予報では今週は晴天が続く様なので薬剤散布をしようと思います。